不活性ガスおよび真空技術による誘導加熱プロセス

不活性ガスおよび真空技術による誘導加熱プロセス

特殊な材料または適用領域には、特別な処理が必要です。

従来の誘導ろう付けプロセスで使用されるフラックスは、ワークピースの腐食や焼けの原因となることがよくあります。 フラックス含有物は、コンポーネントの特性を損なう可能性もあります。 さらに、大気中の酸素により、ワークの変色が発生します。

これらの問題は、不活性ガスまたは真空下でのろう付けで回避できます。 不活性ガス法は、保護ガス下での誘導ろう付け中に裸火がなく、流れに関連する条件をより適切に制御できるため、誘導加熱と非常にうまく組み合わせることができます。