フラットブランクを緩和する誘導応力

誘導ストレス緩和 は鉄合金と非鉄合金の両方に適用され、機械加工、冷間圧延、溶接などの以前の製造プロセスによって生成された内部残留応力を除去することを目的としています。 それがないと、その後の処理で許容できない歪みが発生したり、材料に応力腐食割れなどの使用上の問題が発生したりする可能性があります。 この処理は、材料構造や機械的特性に大きな変化をもたらすことを意図していないため、通常は比較的低温に制限されます。

炭素鋼と合金鋼には、XNUMXつの形態の応力緩和を与えることができます。

1.通常150〜200°Cでの処理は、硬度を大幅に低下させることなく、硬化後のピーク応力を緩和します(例:肌焼き部品、ベアリングなど)。

2.通常600〜680°Cでの処理(溶接、機械加工などの後)により、実質的に完全な応力緩和が得られます。

DevOps Tools Engineer試験のObjective

炭素鋼のフラットブランクを毎分30フィート/9.1メートルの速度で応力緩和し、両側の外側の2インチ/ 51mmの硬度を下げて、最終製品のひび割れの問題を排除します。
材質:炭素鋼フラットブランク(幅5.7-10.2インチ/ 145-259mm、厚さ0.07-0.1インチ/1.8-2.5mm)
温度:1200°F(649°C)
周波数:30 kHz
誘導加熱装置:200つの10μFコンデンサを含むリモートヒートステーションを備えたHLQ 30kW 10-XNUMXkHz誘導加熱システム
—このアプリケーション用に特別に設計および開発されたマルチターンスプリット誘導加熱コイル
プロセス炭素鋼のフラットブランクは、30フィート/9.1メートル/分の速度で誘導コイルを通過して、炭素鋼を焼き戻しまたは応力緩和します。 このプロセス中、炭素鋼は1200ºF(649ºC)に加熱されます。 これは、幅の各辺の2” / 51mmから加工硬化を取り除くのに十分です。

結果/メリット

速度:誘導により炭素鋼が急速に温度まで加熱され、毎分30フィートの速度が可能になります。
-効率: 誘導加熱 生産時間を節約するだけでなく、エネルギーコストも節約します
–フットプリント:誘導は適度なフットプリントを占めるため、次のような生産プロセスに簡単に実装できます。
この1

通常150〜200°Cでの処理は、硬度を大幅に低下させることなく、硬化後のピーク応力を緩和します(例:肌焼き部品、ベアリングなど)。

–通常600〜680°Cでの処理(溶接、機械加工などの後)により、実質的に完全な応力緩和が実現します。

–非鉄合金は、合金の種類と状態に関連するさまざまな温度で応力が緩和されます。 時効硬化した合金は、時効温度より低い応力緩和温度に制限されます。

オーステナイト系ステンレス鋼は、480°C未満または900°Cを超える温度で応力が緩和され、安定化されていないグレードまたは低炭素のグレードでは耐食性が低下します。 900°Cを超える処理は、多くの場合、完全な溶体化アニールです。

正規化すべてではありませんが一部のエンジニアリング鋼に適用される正規化は、初期状態に応じて、材料を軟化、硬化、または応力緩和することができます。 処理の目的は、既存の不均一な構造を機械加工性/成形性を向上させるか、特定の製品形態では最終的な機械的特性の要件を満たすものに精製することにより、鋳造、鍛造、圧延などの以前のプロセスの影響に対抗することです。

主な目的は、その後の成形後、コンポーネントが硬化操作に十分に応答するように鋼を調整することです(たとえば、寸法安定性を支援します)。 正規化とは、適切な鋼を通常830〜950°Cの範囲の温度(硬化鋼の硬化温度以上、または浸炭鋼の浸炭温度以上)に加熱してから、空冷することです。 加熱は通常空気中で行われるため、スケールまたは脱炭層を除去するには、その後の機械加工または表面仕上げが必要です。

空気硬化鋼(一部の自動車用歯車鋼など)は、構造を柔らかくしたり、被削性を促進したりするために、正規化後に「焼きなまし」(亜臨界焼鈍)されることがよくあります。 多くの航空機の仕様でも、この治療の組み合わせが求められています。 通常正規化されない鋼は、空冷中に大幅に硬化する鋼(多くの工具鋼など)、または構造上の利点がないか、不適切な構造や機械的特性を生成する鋼(ステンレス鋼など)です。