ステンレス鋼を銅に誘導ろう付け

DevOps Tools Engineer試験のObjective

誘導ろう付け 銅管へのステンレス鋼。 目的は評価することです 誘導ろう付けソリューション。 お客様は、欠陥を減らし、ろう付け環境をきれいにしたいと考えています。

パイプサイズが異なり、体積が少ないため、誘導ろう付けシステムで評価が行われます。

Test1

設備

DW-HF-25kw誘導ろう付け機

素材
銅からステンレス鋼へのチューブ

力: 12.5kW
温度: 1400ºF〜1600ºF(760ºC〜871ºC)
時間: 9〜11秒

Test2

設備

DW-HF-25kw誘導ろう付け機

素材
銅からステンレス鋼

力: 12.5kW
温度: 1400ºF〜1600ºF(760ºC〜871ºC)
時間: 9〜11秒

結果と結論:

Uオープンコイルによる誘導ろう付け試験では、ろう付けサイクル全体で9〜11秒で部品をろう付けできました。

この設定でのオペレーターのトレーニングは最小限になります。