コネクタへの高周波誘導はんだ付けワイヤ

DevOps Tools Engineer試験のObjective
このテストの目的は、コネクタへの誘導はんだ付けワイヤを実証することです

推奨装備
このテストに推奨される機器は、カスタマイズされた 誘導加熱コイル.

 DW-UHF-6KW-Iハンドヘルド誘導ヒーター

主要なパラメータ
電力:最大0.48 kW
温度:392°F(200°C)
時間:1.5秒

プロセスと結果:

コネクタへのこの誘導はんだ付けワイヤは、迅速かつ効果的でした。 ユニットは985 kHzで動作しました。このような高い周波数を使用する理由は、ワイヤーの細い直径に結合するためです。 熱を入れてからはんだが固まるまでの時間は1.5秒。 以前はこのタスクを完了するためにはんだごてが使用されていましたが、誘導はんだ付けははるかに高速で効率的であることが証明されました。 システムをリモートでオンにすることができるので、このプロセスは組立ラインで自動化できます。